ベルタ葉酸サプリの飲み方!効果があるおすすめの時間帯はいつ?

ベルタ葉酸の飲み方 3つのポイント

葉酸は妊娠を希望しているひとや、妊娠したばかりのひとに特に必要な栄養素です。

どうして葉酸を飲んだほうがいいのか、いつからいつまで飲んだらいいのか気になりますよね。

妊活中、妊娠初期から後期、そして産後(授乳期)にかけて、葉酸の必要量はかわってきます。

とくに1番葉酸が必要とされているのは、妊活の時期なのです。

血液をつくる造血作用や赤ちゃんの発育をたすける栄養素である葉酸は、妊娠中には、いつもの2倍の葉酸を必要としています。

せっかく葉酸を摂るのなら、必要な時期に必要なだけ、しっかり効率よく飲みたいものですね。

ベルタ葉酸サプリを飲むタイミングや、どれくらい飲んだらよいか、1日何粒のんだらいいかなど、くわしく紹介します♪

⇓妊活サプリ人気No.1はこちら♪

ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸の飲み方①]先天性異常の予防に必要な葉酸量をカバー

葉酸には血液をつくる造血作用や細胞分裂を促進する効果があります。

妊娠は最後の月経日を0週0日目として妊娠0週と数えます。

1週目はまた妊娠はしていないけど、もっとも妊娠しやすい状態です。

2週目にはいるころ、卵子と精子が出会って受精卵をつくり、細胞分裂しながら子宮にむかっていきます。

3週目になると、受精卵が子宮に到達して子宮内膜に着床すると、妊娠が成立します。

この時期は、自覚症状があまりなく、妊娠に気がつきにくい時期でもあります。

この妊娠0~6週ころまでに、おなかの中の赤ちゃんの脳や脊髄のもとになる神経管がカタチつくられる重要な時期であり、葉酸がもっとも必要とされています。

葉酸が不足すると、神経管に異常が発生して神経管閉鎖障害になる可能性が高まってしまいます。

赤ちゃんにとって葉酸が1番大量に必要になるのは妊活中~妊娠初期なので、この時期にじゅうぶんな葉酸をとることで、先天性の異常や障害を減らせることがわかってきています。

 

子宮内の赤ちゃんの脳や脊髄のもとになる神経管(しんけいかん)は、妊娠6週ごろ(受精4週ごろ)に完成します。

この神経管は板の様なものの両端がくっついて閉鎖し神経管という管(くだ)の形ができ、赤ちゃんの成長とともに頭の方は脳に、お尻の方は脊髄となります。

その一部がうまく閉じなかったためにおこる病気のことを神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)と呼んでいます。

妊娠前から葉酸(ようさん)をサプリメントとして内服すると、神経管閉鎖障害の発生リスクを低くすることできます。

妊娠とわかったときには神経管はすでに完成に近づいていますのでので、妊娠する 4 週前から葉酸サプリメントを内服することがとても大切です。

引用元:葉酸サプリメントは神経管閉鎖障害の発生リスクを低くする

ベルタ葉酸サプリは1日に400㎍の葉酸を摂取できる

葉酸の必要な摂取量は、妊活中、妊娠中、産後の授乳期にかけて、それぞれちがいます。

厚生労働省の推奨する葉酸の摂取量は、妊活中に必要な葉酸量が1番多く、食事から摂取する240㎍にくわえて、栄養補助食品などのサプリメントからプラス400㎍の摂取をすすめています。

合計すると、640㎍の葉酸を妊活から妊娠初期に必要ということになります。

ベルタ葉酸サプリは1日分でしっかり400㎍の葉酸をしっかり摂取できるように配合されています。

●厚生労働省の推奨する葉酸の1日の摂取量の目安

食事から摂取 サプリで補給 合計
通常 240μg 240μg
妊活中 240μg +400μg 640μg
妊娠中 240μg +240μg 480μg
産後(授乳中) 240μg +100μg 340μg

葉酸はビタミンB群の仲間で、水溶性ビタミンで水にとけやすい性質をもっています。

ほうれん草、アスパラガス、にらなどの緑黄色野菜や果物に多く含まれていますが、食事からとれるのはポリグルタミン酸型の葉酸で、調理すると熱に弱いため約50%近くが分解されてしまい、また体内には蓄積されにくい特徴があります。

ベルタ葉酸サプリの葉酸は、モノグルタミン酸型で体内の吸収がよく、ポリグルタミン酸型の葉酸の2倍近く吸収できるので、効率よく体内に取り入れることができます。

葉酸を1番必要とする妊娠初期は、つわりなどの吐き気や体調不良がでやすい時期でもあるので、食欲が落ちて食事からの十分な葉酸をとれないこともあります。


そんなとき、ベルタ葉酸は葉酸サプリの中で唯一の「酵母葉酸100%」で体内に長く滞在することができ、それによって効率よく葉酸を吸収できるので、妊娠前から妊娠初期には特におすすめです。

サプリメントを上手に利用して、つらい時期を乗り越えたいですね♪

⇓ベルタ葉酸は酵母葉酸100%です

ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリの飲み方②]ビタミン・ミネラル配合で葉酸吸収率アップ

ベルタ葉酸サプリには、葉酸がカラダの中でうまく働くように、吸収を助けるためのビタミンB6・ビタミンB2・ビタミンB12・ビタミンC・亜鉛がバランスよく配合されています。

とくに葉酸はビタミンB群なので、ビタミンB12・ビタミンB2・ビタミンB6とはそれぞれに補いあって働きます。

葉酸のサポート成分である5つの栄養成分の働きを紹介しますね♪

ビタミンB12
葉酸と協力して赤血球のヘモグロビンの合成を助けるので「造血のビタミン」とよばれています。神経細胞内の核酸やタンパク質などを合成したり修復したり、葉酸の再利用を助ける働きがあります。
不足すると貧血や手足のしびれ、神経過敏になります。

ビタミンB2
糖質、脂質、タンパク質の代謝を助けてエネルギーを産生したり、細胞の発育と正常な働きに欠かせないため「成長ビタミン」ともいわれます。皮膚、髪、爪などの細胞の再生をします。
不足すると口内炎や角膜炎をおこします。

ビタミンB6
おなかの中の赤ちゃんや乳児期の脳の発達や、免疫機能の正常な働きを助けます。赤血球のヘモグロビンの合成や、神経伝達物質の合成などの生理作用もあり、葉酸の代謝を助けます。

ビタミンC
骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必須の化合物です。子宮内膜への効果や、精子DNA損傷を低下させる効果がある。不足するとコラーゲンが合成できなくなり、血管がもろくなったりします。葉酸の代謝を助けます。

亜鉛
活性酵素を取りのぞき卵子の老化を抑えてくれたり、葉酸と一緒に細胞の新陳代謝をたすけます。DNAなどの核酸の細胞分裂を活性化し、受精卵の成長や、胎児の成長を助けてくれます。

亜鉛が不足すると女性ホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)の分泌の低下と乱れをおこします。
ベルタ葉酸サプリのビタミンとミネラルが葉酸の吸収を強力にサポートしてくれます♪

⇓ビタミン・ミネラルをバランスよく配合の葉酸サプリはこちら♪

ベルタ葉酸サプリなら
必要な栄養がとれます

 

ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリの飲み方③]妊娠中~産後に必要な鉄分を配合


鉄分は葉酸とならんで、妊活や妊娠中、産後にかけて欠かせない重要な成分です。

けれども鉄分は日本人女性がもっとも不足しやすい栄養素なのです。

鉄分は血液を通じておなかの中の赤ちゃんに充分な酸素や栄養を送る大切な役割をもっています。

鉄分の食事摂取基準の推奨量は、ふだんの食事から1日に18-29歳女性で6.0mg、30-49歳女性で6.5mgをとるようにすすめられています。ですが、実際にはこの量の鉄分を摂取できていません。
参考資料:健康長寿ネット

妊娠に必要な鉄分の量

通常 妊娠初期 妊娠中期 産後&授乳期
18-29歳 6.0mg 8.5mg 21mg 8.5mg
30-49歳 6.5mg 9mg 21.5mg 9mg

 

妊娠をすると、おなかの中の赤ちゃんとママの2人分の血液をつくるために、妊娠初期と産後の授乳期は+2.5mg、妊娠中期の4か月目以降は+15mgの付加量で、ふだんの食事の3倍以上もの鉄分が必要になってきます。

妊活から妊娠初期、中期、後期、産後の授乳期にかけての鉄分の働きについてみていきましょう!

鉄分の働き-妊活から妊娠初期

①子宮内膜に栄養を蓄える
鉄分は子宮内の粘膜をつくる材料になり、充分に鉄分があると子宮内膜が厚くふかふかになり、居心地のよいベッドのようになって、受精卵が着床しやすくなります。

厚みのある子宮内膜には十分な栄養が蓄えられていて、着床した卵子の成長を育んでいきます。

②卵細胞の成長をサポート
鉄分は卵細胞の分裂を促進させて、成長を助ける働きがあります。分裂が正常におきるないと、受精卵は育ちにくくなり、着床しても流産しやすくなります。

また、体内で発生した活性酸素が卵子にくっついて老化するのを防いでくれるので、鉄分が活性酸素の除去して守ってくれます。

③女性ホルモンの合成を助ける
鉄分が不足してしまうと、妊娠に欠かせない女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌しにくくなってしまいます。

女性ホルモンは妊娠を維持するのに重要なホルモンです。

鉄分の働き-妊娠中期から妊娠後期

妊娠中期(5~7か月)にはいると、おなかの中の赤ちゃんのカラダがぐんぐんと急激に成長する時期にはいります。

カラダの動きが活発になってきて、心臓が発達しはじめて1日に20リットル以上の血液循環があり、たくさんの血液が必要になってきます。

血液によって酸素や栄養が運ばれて、胎児の発育のために大量の鉄分が必要になります。

ママの身体は赤ちゃんと自分のふたり分の血液を循環させなくてはいけません。

鉄分を多く含む食事を心がけるのと鉄分がよりよく吸収できるようにサプリメントを上手に利用しましょう。

この時期に鉄分が不足してしまうと、貧血や妊娠高血圧症候群になりやすいので注意しましょう。

鉄分の働き - 産後&授乳期

①母乳の質をよくする
生まれてきた赤ちゃんをすくすく育てるためには、質のいい母乳をあげたいですよね。

母乳はママの血液からつくられます。

血液をつくりだすには葉酸の造血作用が必要ですが、質の良い血液をつくるには鉄分がとても重要になります。

母乳によってたくさんの栄養素を赤ちゃんに与えるには、たくさんの血液が必要です。

赤ちゃんに母乳をあげると、ママのカラダから血液がどんどん減っていくので、悪性貧血になることもあります。鉄分不足に注意しましょう。

②産後ママの体力回復
妊娠から出産までの10か月、赤ちゃんの成長にともなってママの体力は限界までがんばってきました。

そして出産をおえると大きなダメージがカラダに残っています。

鉄分には出産でダメージを受けたママの体力回復と、子宮の回復を助ける働きがあります。

産後の回復を早めるには、鉄分をしっかりと摂るように心がけましょう。

ベルタ葉酸サプリには1日に20mgの鉄分をとることができるので、妊娠中から産後に必要な鉄分をカバーすることができます。

ママのカラダの鉄不足を解消することができますよ♪

⇓鉄分たっぷり20mg配合された葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸の飲み方]いつからいつまで飲んだらいい?

葉酸は妊娠しやすいカラダをつくるために大切な栄養素です。

赤ちゃんの先天性の異常である神経管閉鎖障害にならないように、厚生労働省は妊活中から妊娠1か月前~妊娠3か月の期間には、通常の食事での1日の推奨量240μgに加えて、サプリメントなどの栄養補助食品で400μgの葉酸をプラスして摂取することを推奨しています。

妊娠初期に葉酸をしっかりと摂ることで、神経管閉鎖障害などの障害を予防できることがわかってきたからですね。

けれども、健康な赤ちゃんを授かるための妊娠しやすいカラダをつくる準備は、妊娠の1か月前からで間に合うでしょうか?

ママになる準備はできていますか?
妊娠にそなえて栄養は足りていますか?

現代の女性は忙しくてストレスも多く、仕事も抱えていることがあるので、食生活が乱れたり栄養のバランスが崩れているケースも少なくありません。

そのために生理不順があったり、排卵がなかったり、低体温や冷え性などのいろいろなトラブルを抱えていることがあります。

妊娠に備えての栄養が足りていないことが多いので、まず妊娠しやすいカラダをつくるところからはじめていきましょう。

カラダの不調を改善して、体内に栄養を蓄えるには時間がかかります。

葉酸は細胞を活性化して基礎代謝を整えてくれる働きがあり、妊娠しやすいカラダをつくるサポートをしてくれます。

関連記事:ベルタ葉酸サプリの口コミ評価!妊活と妊娠中の効果をレビュー♪

ベルタ葉酸/飲み方-妊娠前・妊活中からはじめる理由

私たちのカラダは新陳代謝をくり返して、毎日細胞を更新してあたらしく生まれ変わっています。そのスピードは年齢や個人差がありますが、細胞のサイクルは3ヵ月が目安になっています。

「細胞の新陳代謝」の周期は部位によって異なる。
胃腸の細胞は約5日周期
心臓は約22日周期
肌の細胞は約28日周期
筋肉や肝臓などは約2ヶ月間の周期
骨の細胞は約3ヶ月周期
細胞の新陳代謝が正常であれば身体は3ヶ月で新しく生まれ変わる。
引用元:Wikipedia

カラダの中を流れる血液は90~120日間ですべて入れかわるともいわれています。

MEMO
人の血液量は、体重1kgあたり約80mL(体重あたり約8%)あり、体重50kgの人の血液量は4Lになります。

血液は全身をめぐり、脳や骨やそれぞれの各器官に栄養を運ぶ重要な役割があります。その血液をつくるサポートするのが葉酸の仕事です。

基礎代謝をアップして妊娠しやすいカラダをつくるために、葉酸サプリを妊娠の3ヵ月前から飲むことをおすすめする理由です。

カラダは自分が何を食べたかによって細胞が良くも悪くも変化していくので、妊娠の3ヵ月前を目安に、ふだんの食事からだけでは栄養摂取が賄えないときに葉酸サプリを上手に利用したいですね。

ベルタ葉酸サプリは葉酸に加えて、鉄分やカルシウム、ビタミン、ミネラルや美容成分も一緒に摂取でき、妊娠しやすいカラダつくりに役立ちます。

ベルタ葉酸サプリなら
必要な栄養がとれます

 

ベルタ公式サイトをみる

ベルタ葉酸/飲み方-妊娠初期に葉酸が必要な理由

葉酸は細胞分裂を活発にしたり、正しくDNAの合成をサポートするはたらきがあるので、厚生労働省は妊娠の1ヵ月前から、妊娠3ヶ月まで不足しないように飲むことをすすめています。

けれども、葉酸の必要な時期は妊娠初期だけではありません。

おなかの中の赤ちゃんの成長にあわせて、必要な栄養はどんどん増えて、葉酸も不足しがちになっていきます。

妊娠中もずっと通して葉酸が必要になるので、継続していくことがとても大事なのです。

妊娠初期(妊娠0~6週ころ)に葉酸の摂取が必要なのは、先天性の異常である神経管閉鎖障害の発生のリスクを下げるためです。

そして葉酸は、子宮で受精卵を受けとめるために、子宮内膜を厚くふかふかにして、着床しやすくする準備をします。

栄養を子宮内膜にたくさん蓄えることで、流産を防ぐ働きがあります。

つわりを軽くする効果
葉酸にはビタミンB6とはたらいて、つわりを軽減する働きがあります。

ベルタ葉酸サプリには、葉酸に加えてカルシウムやビタミン・ミネラル、野菜の栄養成分も配合されていて、つわりで食欲のないときでも健康維持に役立ってくれますよ。

ベルタ葉酸/飲み方-妊娠中から後期に葉酸が必要な理由

赤ちゃんの成長期
妊娠中期になると赤ちゃんの成長がすすんで、ぐんぐん大きくなってきます。

赤ちゃんのカラダの各器官が形成されるときに、タンパク質の合成に関わる葉酸は必要不可欠な成分です。

ママの血液にのせて栄養が送り込まれるので、血液が大量に必要になり、赤血球の生成を促す葉酸がより多く必要になります。葉酸の造血作用で血液をどんどん増やしたい時期です。

このときに葉酸が不足すると貧血になったり、妊娠高血圧症候群を引き起こすこともあるので注意が必要な時期でもあります。

ベルタ葉酸サプリなら
必要な栄養がとれます

 

ベルタ葉酸/飲み方-産後&授乳中に葉酸が必要な理由

赤ちゃんに栄養を送り、免疫力をアップするための母乳にも、葉酸は深く関わっています。

母乳はママの血液から作られています。つまり葉酸の血液をつくる作用が母乳をつくっています。

また、葉酸には、母乳の出をよくしたりつまりをなくす効果があり、葉酸が不足すると、母乳がでなくなってしまいます。

質の良い母乳を赤ちゃんにあげるには葉酸が役立っています。

産後のママの体力回復や子宮の回復を助けるのも葉酸の働きです。出産でのダメージをうけたママのカラダをやさしく回復させてくれます。

産後には赤ちゃんのお世話や睡眠不足などで、精神的に不安定になることがあります。とくにはじめての育児だと不安もいっぱいですよね。

そんなときに葉酸のホルモンバランスを整える効果で、産後のうつを予防する効果が期待されています。

ベルタ葉酸サプリには、産後の体力や子宮の回復を助ける成分がたくさん配合されています。

⇓産後におススメの葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリの飲み方] 飲むタイミングはいつ?

ベルタ葉酸サプリは妊活をはじめよう♪と思った日から飲み始めたほうがいいです。

妊娠がわかったその日から、スタートするのがおススメです。

ベルタ葉酸サプリは医薬品ではないので、飲むタイミングに決まりはありません。

つわりの吐き気がおさまっているときなど、飲みやすいときに服用しましょう。

サプリメントの飲み忘れを防ぐために、朝食後や寝る前など毎日飲む時間を決めておくといいですね♪

ベルタ葉酸/飲み方-飲む時間は朝夜どっちが効果的?

ベルタ葉酸サプリに配合されている葉酸やビタミンB群、ビタミンCは水溶性のビタミンで水に溶けやすく、カラダの中に長くとどまることができない性質をもっています。

そのために2回に分けて飲むのも効率よく成分吸収できるのでおススメです。

朝と夜に分けて飲むことで、葉酸をバランスよくカラダにとりこむことができます。

ベルタ葉酸サプリは食後に飲んだほうがいい?吸収率はかわる?

ベルタ葉酸サプリはお薬ではなく、サプリメントなのでいつ飲んでも大丈夫です。

ただ、配合されている鉄分を、食事に含まれる食物繊維やコーヒー・お茶に含まれるタンニンが吸収を阻害してしまう可能性があります。

おなかの中の赤ちゃんはママの食事の2時間後に、その栄養分を胎盤を通じて受け取ります。

食後すぐに葉酸サプリを飲むのではなく、食間(食後2時間くらい)に摂取すると鉄分は問題なく吸収できると思います。

⇓口コミ人気no.1の葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる

ベルタ葉酸サプリを飲み忘れてしまったら・・・

ベルタ葉酸サプリは1日飲み忘れても大丈夫です。基本は1日4粒のむと必要な栄養成分をとることができます。

飲み忘れてしまった!!といって、2日分をいっぺんに飲んでしまうと、場合によってはほかに配合されている成分が過剰摂取になってしまうことがあります。

葉酸を過剰摂取したときは、食欲不振・吐き気・発熱・じんましんなど症状が出ることがあります。

厚生労働省は葉酸摂取量の1日の上限は1㎎(1000㎍)としていますが、葉酸は水に溶けやすくカラダに長くとどまることができずに汗や尿として排出してしまうので、過剰摂取にはなりにくいです。

サプリメントは飲み忘れてもあわてなくて大丈夫!

コツコツ継続して飲むことで、効果を発揮してくれます。

[ベルタ葉酸サプリの飲み方]摂取量は1日何粒?


ベルタ葉酸サプリの葉酸は、酵母葉酸100%で体内に長くとどまって、効率よく効果を発揮してくれます。

葉酸に加えてカルシウムやビタミン・ミネラルと野菜の栄養成分もしっかり配合されていて、おなかの中の赤ちゃんや妊娠中のママの心強いサポート成分がたっぷりはいっています。

つわりのときに飲むことで、栄養補給ができるので健康維持に役立ってくれます。

ベルタ葉酸/飲み方-1日に飲む量は何錠飲んだらいい?

ベルタ葉酸サプリの摂取量は妊娠前・妊娠中・授乳中も1日4粒が目安です。

4粒の中に厚生労働省推奨の葉酸400㎍、カルシウム250mg、鉄分20mg、ビタミン・ミネラル27種、アミノ酸20種、美容成分5種類(ツバメの巣・ヒアルロン酸・コラーゲン・黒酢もろみ・珊瑚カルシウム)がバランスよく配合されています。

ベルタ葉酸サプリの1本は何日分?内容量は何粒入り?

ベルタ葉酸サプリは1本で120粒入り。内容量は48.0g(400mg×120粒)です。

1日4錠飲んで30日分(約1ヶ月分)がはいっています。

ベルタ葉酸サプリの賞味期限はどれくらい?

ベルタ葉酸サプリを開封したら、直射日光を避けて涼しいところに保管して、30日間を目処に飲みきりましょう。

未開封の状態であれば、約2年の間、保管することができます。

ベルタ葉酸サプリは赤ちゃんとママの健康のために、ぜひ取り入れたいサプリメントですよね。

葉酸サプリに含まれるモノグルタミン酸型は吸収率がいいので、摂りすぎに注意が必要です。飲み方をまちがえると過剰摂取になることもあります。

ベルタ葉酸サプリは葉酸だけでなく、カルシウムや鉄分、その他のミネラルなどの栄養成分が充実しているサプリメントです。

つらいときに助けてくれるサポート成分ですが、サプリ頼みで食事をおろそかにしても良いということはありません。

バランスの良い食事を心がけつつ、上手にサプリメントを利用して栄養補給をしていきましょう♪

葉酸400㎍を摂れる
ベルタ葉酸サプリ

ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリの飲み方]薬との飲み合わせ


医薬品を飲むときはコップ1杯の水かぬるま湯で飲みます。

ジュースや牛乳、コーヒーやお茶、アルコールで薬を飲むと効果が変わってしまったり、副作用が出たりすることがあるからです。

ベルタ葉酸サプリは医薬品ではなく、サプリメントは食品として扱われています。薬を飲むときほど神経質になる必要はありません。

けれど薬と一緒に葉酸サプリを服用すると、葉酸の吸収を悪くするものがあります。

そもそも妊娠中は薬の服用を控えたほうがいい成分もありますが、持病があっていつも服用している薬がある場合はかかりつけの医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

葉酸サプリを飲むときに、一緒に服用してしまうと飲み合わせの良くない薬があります。

葉酸の吸収を邪魔する成分を含んでいる薬を一緒に飲んでしまうと、カラダに害はなくても望んだ効果が得られなくなってしまうので、避けたいですよね。

いつも服用している薬があるときは、ぜひチェックしてみてください!

関連記事:ベルタ葉酸サプリの添加物の副作用-妊活、妊娠初期に気をつけたいこと

葉酸の働きを阻害することがしられている薬剤

●アスピリン(消炎鎮痛剤)
●フェニトイン(抗けいれん薬)
●フェノバルビタール(抗けいれん薬)
●免疫抑制剤
●潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)治療薬
●メトトレキサート(抗ガン剤)
●トリメトプリム(抗生物質)
●ピル(経口避妊薬)
参考資料:Wikipedia

 

【ベルタ葉酸サプリ】

ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリの飲み方]まずい?飲みにくいときの対処法


ベルタ葉酸サプリの悪い口コミに

「まずい」
「鉄くさい」

鉄分のにおいが気になって、吐き気につながるといった口コミがありました。

妊娠初期やつわりの時期はとくに味覚や嗅覚が敏感になって、カラダがとくにデリケートになります。

ベルタ葉酸サプリに配合されていた鉄分は、おなかの中の赤ちゃんの成長を助けたり、ママの体を回復させるために吸収率の高い動物性のヘム鉄で、これが鉄くさい原因になっていました。

それをリニューアルで植物性のニオイの少ない非ヘム鉄に変更して、吸収率を保ちながら鉄分特有のにおいを抑えてほぼ無臭になり、つわりの期間でも飲みやすいように工夫することができました。

以前より、とっても飲みやすくなったベルタ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリなら
必要な栄養がとれます

 

ベルタ葉酸/飲み方 ジュースや牛乳で飲んで大丈夫?

せっかく葉酸サプリを飲みはじめたら、効率よく成分を吸収したいですよね。

ベルタ葉酸サプリは医薬品ではないので水以外のもので飲んでも大丈夫と公式サイトで紹介しています。

けれども、コーヒー、緑茶、紅茶、コーラなどのカフェインやタンニンを含む飲み物は葉酸の吸収を邪魔してしまいます。

葉酸サプリを飲んだ前後2時間くらいは、カフェインやタンニンをふくむ飲み物は控えるようにしましょう。

葉酸サプリを飲むときは、水またはぬるま湯で飲むことをおすすめします。

水の量もコップ一杯くらいの水分を一緒にとることで、水に溶けて吸収しやすくなり、適度に胃を刺激して、小腸での栄養吸収をうながします。

けれどもつわりや、においに敏感なときには、牛乳やヨーグルトドリンクなど、気分が悪いときはりんごジュースやオレンジジュースなどのさっぱり系で飲んでもいいですね。

体調が悪くて食欲がないときは、食事のかわりに栄養が取れる野菜ジュースやスムージーなどと一緒に飲むのもおすすめです。

つらい時期ですが、妊娠初期ほど葉酸は必要なので、体調のいいときにぜひ飲んでくださいね♪

ベルタ葉酸/飲み方 大きくて飲みにくいときは砕いてもいい?


ベルタ葉酸サプリの錠剤の大きさは約9mm。

「つわりで大きいのがつらい」
「のどにつっかえて飲みにくい」

といったお客様のからの声で、ベルタ葉酸サプリは含まれている成分は減らさずに、飲みやすい形と大きさにリニューアルして、いまの9mmのサイズになりました。

妊娠初期はつわりと重なって、錠剤を飲みこむのがつらい時期でもありますね。

大きさが気になって飲み込めないときは、ピルカッターや錠剤をカットできるハサミをつかって、ちいさく砕いて飲むこともできます。

薬の場合は有効成分が胃ではなく腸で溶けるようにするために小さく砕くのはいけないモノがあるけれど、ベルタ葉酸サプリは薬ではないので飲みやすい大きさに砕いても大丈夫♪

飲みにくいときは薬用ゼリーで飲むとのどにつかえずにスルスルっと楽に飲むことができます。

毎日続けて飲むものだから、飲み込むときにストレスはないほうがいいですよね♪

⇓飲みやすい大きさにリニューアルした葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる