ベルタ葉酸サプリの効果!妊活から妊娠中におすすめの成分を紹介

[ベルタ葉酸サプリ/効果]妊活から妊娠中に選ばれる3つのポイント


ベルタ葉酸サプリの効果は、「栄養バランスがとれる」「先天性の異常を予防する」「美容の調子を整える」の3つのポイントで人気No1のサプリメントです。

ベルタ葉酸サプリには、「赤ちゃんのビタミン」と呼ばれる葉酸やカルシウム、ミネラル、鉄分などの妊活中や妊娠中に必要な栄養素がたくさん配合されています。

妊活中、妊娠中、産後(授乳中)のそれぞれの時期に、いつ、どのくらいの摂取量が必要なのか?

赤ちゃんとママのカラダに必要な成分と効果について、くわしくご紹介します♪

⇓妊活中におすすめの葉酸サプリはこちら
ベルタ公式サイトをみる

ベルタ葉酸サプリの効果1 妊活・妊娠中に必要な栄養素がしっかりとれる

妊活中や妊娠中には赤ちゃんのために多くの栄養が必要になります。

ベルタ葉酸サプリには、葉酸だけでなく、女性に不足しがちな鉄分やカルシウム、ビタミンなどの成分がバランスよく配合されています。

妊娠しやすいカラダをつくる成分、お腹の中の赤ちゃんの成長や、ママのカラダに必要な成分が、たっぷりと含まれているので、つわりで食欲がないときでも大丈夫!

しっかりと栄養補給することができますよ♪

合成の葉酸と天然の葉酸

葉酸はビタミンB群の一種で水溶性で水に溶けやすいく、カラダに蓄積されにくいを性質をもっています。

天然の葉酸は、ポリグルタミン酸型で、ほうれん草やアスパラガス、ニラなどの緑黄色野菜や果物に含まれていて、熱に弱いため調理方法によっては約50%近くが分解されてしまいます。

ベルタ葉酸サプリは合成の葉酸のモノグルタミン酸型です。
モノグルタミン酸型の葉酸は、体内への吸収率が高く、体内で約85%の利用率があります。

厚生労働省が推奨する1日400㎍の量は、合成の葉酸であるモノグルタミン酸型なのです!

葉酸のはたらきと効果

葉酸はビタミンB12と協調して赤血球をつくるので「造血のビタミン」といわれています。

また、細胞の再生や生産を助けることから、カラダの発育を促すので、妊娠中の赤ちゃんにとって、とても重要な栄養成分なのです。

葉酸のはたらき
・妊娠しやすいカラダをつくる。
・ホルモンバランスを整える
・子宮内膜を強くする
・受精卵が着床しやすい環境をつくる
・着床率をあげて流産の確立を減らす
・産後の母乳の出やつまりをよくする
・抜け毛対策にも効果が期待できる
・体力を回復させる作用
・自律神経を整える働き
・産後の回復を早める

など、たくさんの効果が期待できます。

鉄分のはたらきと効果

鉄は血液をつくるために大切な成分ですが、血液を通じて赤ちゃんに充分な酸素や栄養を送る役割があります。

体内で発生する活性酸素が卵子を酸化させるのですが、鉄分には、その活性酸素を取り去る働きがあります。卵子は酸化すると老化してしまうので、老化させないで守ってくれている卵細胞の成長に必要な成分なのです。

鉄分は受精卵を受けとめるために子宮内膜をふかふかに厚くする材料になります。栄養をたっぷりと蓄えることで着床しやすくなります。

また、鉄分が不足すると女性ホルモン(卵胞ホルモン・黄体ホルモン)の分泌しにくくなり、受精卵が子宮内膜に着床しにくくなってしまいます。

ベルタ葉酸サプリには鉄分20㎎(1日分の4粒中)が配合されているので、しっかりと補給することができます。

カルシウムのはたらきと効果

カルシウムはお腹の赤ちゃんの骨や歯の発育にとって欠かせない栄養素です。妊娠したときに母体から摂取しているカルシウムで胎児の骨は形成されていきます。

なので、妊娠中・授乳中は大量のカルシウムが消費されるので、ママのカラダはカルシウム欠乏症になりやすいので注意が必要です。母乳で育てる場合は1日約210mgのカルシウムが喪失するとされています。

カルシウムが不足するとイライラするだけではなく、妊娠高血圧症候群の心配もあります。

カルシウムはマグネシウムとのバランス(2:1)で吸収率が高まります。ベルタ葉酸サプリは2:1のバランスで配合されているので、吸収されやすくなっているんですよ♪

ビタミンのはたらきと効果

妊活から妊娠初期にとくに必要な栄養素として葉酸、ビタミンB12、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB7があります。

葉酸のサポート成分としてビタミンはお互いに影響しあってはたらきます。

・葉酸と一緒に働いて血液を作り出す造血作用を持つビタミンB12
・鉄の吸収率を高め子宮内膜を整えるビタミンC
・強力な抗酸化作用をもち卵子や精子の老化を防ぐビタミンE
・カルシウムの吸収を助けるビタミンD
・免疫機能を高めるビタミンB6
・皮膚や粘膜を健康に保つビタミンB7

など、赤ちゃんの成長を助けて、健康を保つために大切な栄養素です。

ベルタ葉酸サプリは13種類のビタミンがたっぷりと配合されています。

⇓ビタミン・ミネラルをバランスよく配合した葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる

ベルタ葉酸サプリの効果2 胎児の先天性異常を予防する効果

妊娠初期は胎児の細胞分裂がさかんな時期です。

お腹の中の赤ちゃんの脳や脊髄の元となる神経管は、妊娠初期の受精4週頃にはもう完成します。

この神経管の一部分がうまく閉じなかったのが神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)

妊娠直後から妊娠10週ごろにかけての細胞分裂が活発な時期が、この神経管閉鎖障害などの先天性異常の発症リスクが高い時期になります。

生理の遅れや体調不良などで妊娠がわかってからでは、このリスクは回避できません。

そのため、妊娠を計画した妊活中から、葉酸をサプリメントとして内服することで、神経管閉鎖障害などの先天性の異常の発生リスクを低くすることができます。

1991 年に英国のビタミン研究グループは過去に神経管閉鎖障害の赤ちゃんを妊娠した経産婦に、1日当たり葉酸サプリメント4ミリグラム(=4,000マイクログラム)を妊娠前4週から妊娠12週まで投与しました(無作為比較試験)。

すると神経管閉鎖障害の再発が、葉酸を投与しなかった対照群に比べて72%防止されることが判明しました。
参考資料:葉酸サプリメントは神経管閉鎖障害の発生リスクを低くする

神経管閉鎖障害について

神経管閉鎖障害は、無脳症(むのうしょう)二分脊椎(にぶんせきつい)の2つにわかれます。

無脳症は神経管の頭側が閉鎖しなかった病気で、脳が発達することができずに流産してしまうことが多いです。

二分脊椎は脊髄の神経の一部が脊柱管の外の出ている状態で、腰椎や仙椎のカタチに異常が見られます。国の難病指定を受けています。

妊娠初期に葉酸を必要量摂取することで、先天性の異常である神経管閉鎖障害になるリスクを減らせることが分かったので、厚生労働省も妊娠を望む女性に対して、葉酸を摂取するように推奨しています。

その摂取方法は、食事からの摂取に加えてサプリメントなどの栄養補助食品の活用をおすすめしています。

厚生労働省が推奨する1日の葉酸摂取量

葉酸の1日どれくらい摂取したらよいのか・・・というと、妊活中、妊娠中、産後の授乳期で比較すると、摂取量が異なります。

18歳以上の女性が1日の食事から摂取する葉酸の推奨量は240μgです。

厚生労働省が先天性の異常のリスクを下げるために妊活中~妊娠初期の葉酸の摂取の推奨量は、通常の3倍にちかい640μgになっています。

食事から摂取 サプリで補給 合計
通常 240μg 240μg
妊活~妊娠初期 240μg +400μg 640μg
妊娠中~後期 240μg +240μg 480μg
授乳中 240μg +100μg 340μg

 
ベルタ葉酸サプリは1日に必要になる葉酸の摂取量をしっかりカバーしています。

妊娠を計画したときから飲みはじめることで、妊娠しやすいカラダをつくり体内環境を整えることができるので、上手に活用したいですね♪

⇓人気NO.1の葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる

ベルタ葉酸サプリの効果3 妊娠・授乳中もキレイをキープする

妊娠するとものすごいスピードでカラダの中の環境がおおきく変わってきますね。

おなかの中の赤ちゃんもぐんぐん成長して、それにともなってママの身体から栄養が運ばれていきます。

ママの身体はいつも栄養不足状態。

ホルモンバランスが乱れやすくなり、ニキビや吹き出物ができたり、肌が乾燥、シミもでてきたり・・・今までになかったような肌荒れやお肌のトラブルが起きることもあります。

ベルタ葉酸サプリには5種類の美容成分(黒酢もろみ・コラーゲン・ツバメの巣・珊瑚カルシウム・ヒアルロン酸)が配合されていて、妊娠中のママのキレイをしっかりサポートしてくれますよ♪

お肌の調子を整えて、基礎代謝をあげて、抜け毛を防いでくれるうれしい成分が配合されています!

ツバメの巣の美容効果


ツバメの巣というと、中華料理の高級食材が思い浮かびますね^^古くから美容と健康に良いとされていて、清の西太后が毎日食したと伝えられているものです。

ツバメの巣は、ほぼ全体が唾液腺の分泌物からできていて、そこに含まれる【シアル酸】が美容成分として注目されています。

シアル酸は人の唾液や母乳にも含まれている成分で、免疫力をアップさせる効果があります。

ツバメの巣に含まれる上皮生長因子(EGF)には、人への滋養補給や妊婦の産前産後の体力回復を大きく助けるはたらきがあります。そして肌のターンオーバーを整えるので、シミ、シワ、ニキビなどの肌トラブルを改善する効果が期待できるのです。

もうひとつ、お肌の弾力や透明感をつくりだす線維芽細胞増殖因子(FGF)も含まれているので、EGFとFGFを同時にとることで相乗効果でツバメの巣はお肌にとって最高の成分を含んでいることになります。

コラーゲンの美容効果


お肌のハリや弾力を保つために必ず必要なのはコラーゲンですね^^

コラーゲンはお肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促してお肌を美しく健康に保つ役割をもっています。

また、コラーゲンはわたしたちのカラダを構成しているタンパク質のひとつで、肌だけでなく骨や血管、関節などに影響を与えています。

お肌のハリやふっくらと弾力を保ったり、骨のしなやかさ、関節やじん帯、骨の隙間などにクッションのように働いて、カラダを支えてくれています。

ヒアルロン酸の美容効果


ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に多く存在し、水分の保持やクッションのような役割で細胞を守っています。

抜群の保水力で乾燥からお肌を保護して、潤いと弾力を保つ役割があります。

もともと人のカラダにある成分ですが、加齢とともに減少していくことがわかっています。

皮膚・軟骨・血管・腱などに含まれてカラダ中にありますが、コラーゲンとのちがいは細胞の成長を助ける大切な役割があります。

黒酢もろみの美容効果


黒酢は米、米麹、天然水を原料として作られますが、そのときに水に溶けない沈殿物が残ります。その沈殿物が「もろみ」です。 黒酢もろみには、たくさんのアミノ酸が含まれています。

黒酢もろみに含まれるクエン酸が、お肌の代謝を高めることでシミやたるみを予防して、若々しい肌を保つ効果があります。
また、肌荒れを改善する効果も期待できます。

黒酢に豊富に含まれるアミノ酸の一種グリシンが、お肌の水分量を保ち、外からの刺激から守る働きが期待できます。

黒酢には腸のぜん動運動を活発にする働きがあり、腸内の善玉菌を増す作用もあるので、お通じの改善が期待でき、便秘による肌荒れの改善も期待できます。

珊瑚カルシウムの効果


沖縄では珊瑚は漢方薬の一種として古くから利用されてきました。

サンゴが取り込んだカルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅、などの海洋ミネラルを天然バランスのまま約70種を豊富に含有しているので、妊娠中、産後、授乳期にかけてカルシウムの摂取を助けてくれます。

⇓ 5種類の美容成が分配合された葉酸サプリ♪
ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリ/効果]妊活に欠かせない葉酸の効果

妊娠を計画したら葉酸を積極的にとりいれていくことが大切です。

葉酸を摂取することで、おなかの赤ちゃんの先天性の異常を予防する効果があることはご紹介しました。

ベルタ葉酸サプリの葉酸には、ママになるためのカラダの準備を助ける働きがあります。

妊活の時期に必要な葉酸の働きを紹介します。

妊活に欠かせない葉酸の効果
●妊娠しやすいカラダをつくる、
●女性ホルモンのバランスを整える、
●子宮の環境を整える、
●受精卵が着床しやすくなる

[ベルタ葉酸サプリ/効果] 妊娠しやすい日を知る基礎体温

基礎体温を記録することで、自分の生理周期を把握できるので、妊娠しやすい時期を知ることができますね。

基礎体温をグラフにしたときに、きちんと排卵しているかがわかります。毎月生理が来ていても、無排卵月経で排卵していないこともあります。


画像引用:丘の上のお医者さん

女性の基礎体温は「低温期」と「高温期」の2層にわかれていて、その切り替わるときに排卵が起こります。もっとも妊娠しやすい時期は排卵日と、排卵日の前3日と後1日です。

月経後から排卵日までの低温期に作用するのは卵胞ホルモン(エストロゲン)です。

排卵日あたりからの高温期に作用するのは黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

葉酸はホルモンバランスを整える効果があり、この2つのホルモンに働きかけ基礎体温を安定させるさせることが期待できます。

[ベルタ葉酸サプリ/効果] 生理不順を整える効果

生理(月経)には周期があり、約1ヶ月の間隔でおこる子宮内膜からの出血です。

排卵がおこると卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されて、このホルモンの働きで子宮内膜は厚くなり、受精卵が着床しやすい状態になります。

このときに卵子が受精しないと、黄体ホルモン(プロゲステロン)減少して、妊娠の準備をしていた子宮内膜がはがれ落ちて排出されるのが生理(月経)です。

生理不順はホルモンバランスの乱れによっておこります。

葉酸は、生理の時に分泌する卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)などのバランスをとるので、生理不順を改善する効果があります。

生理不順は子宮だけでなく、脳下垂体や卵巣などの働きが複雑に作用しておこります。

そのおおもとは自律神経の乱れからきています。

葉酸には「細胞を再生する」はたらきがあり、ストレスでダメージを受けている自律神経を正常にもどす効果が期待できます。
参考資料:月経について

⇓妊娠しやすいカラダをつくる葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリ/効果] 黄体ホルモンのはたらきをたすける効果

卵巣でつくられる女性ホルモンは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類あり、妊娠しやすいカラダをつくるために重要な役割をもっています。

葉酸はこの女性ホルモンの働きをたすけて、子宮の環境を整える効果があります。

卵胞と黄体ってなんだろう?

卵胞は卵子がはいった細胞で、卵巣にいっぱいつまっています。

月経周期になると、このうちの1つだけが大きく育って、卵子が卵巣の外へと飛びだしていくのが排卵です。

この卵子と精子が出会うと受精が成立して、受精卵になります。

卵子が飛び出していった後の卵胞は黄体というものに変わります。
黄色い色をしているから、黄体とよばれます。


画像引用元:不妊college

卵胞ホルモン(エストロゲン)のはたらき

女性ホルモンといえば、エストロゲンといわれるくらい有名ですが、卵胞ホルモンとも呼ばれます。

エストロゲンの本来の目的は、妊娠を成立させることなので、卵胞を育てて子宮内膜を増殖させて受精卵のためにふかふかのベッドをつくるのが得意です。

このときのふかふかのベッドをつくる材料になるのが、葉酸なのです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)のはたらき

女性ホルモンのもうひとつはプロゲステロンといわれる黄体ホルモンです。

プロゲステロンは子宮内膜をさらに厚くふかふかにして受精卵の到着をまっています。

子宮内膜をふかふかにする成分は血液で、葉酸の造血作用でつくられたものです。
受精卵が着床しやすい、そして子宮内膜に到達すると栄養がたっぷりと吸収できるような仕組みになっているんです。

プロゲステロンは体温を保つ役割があり、これは妊娠をたすけるための働きです。

けれども、受精卵がこなければ、プロゲステロンの分泌は下がってしまい、あっという間にふかふかにしたベッドをかたずけてしまいます。

子宮内膜ははがれて外に排出される、これが生理(月経)です。

流産の原因になる黄体機能不全

黄体機能不全は排卵後にできる黄体からのホルモン分泌がされずに、子宮内膜の壁が厚くならない状態をいいます。

子宮内膜は栄養をためこんで厚みを増して、ふかふかのベッドのようになることで受精卵を受けとめますが、ホルモンが分泌しないと受精卵は着床しないでそのまま流れていってしまいます。

黄体機能不全は、月経周期の短縮、不妊症、習慣流産の原因となります。

⇓妊娠しやすいカラダをつくる葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリ/効果]着床率をあげる成分と効果

精子と卵子が出会って受精すると受精卵がつくられ、無事に子宮内膜に着床すると妊娠が成立しますが、大切な受精卵をうけとめるには子宮内膜の厚みが必要です。

子宮内膜の厚くするには女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが大きく関わっているので、ホルモンのバランスが崩れると子宮内膜が厚くなりにくい状態になってしまいます。

妊娠に必要な子宮内膜の厚さ

子宮内膜は排卵後、厚さが8mm以上になると妊娠が可能になります。

そして着床に向けてさらに厚くなり、排卵後から5~7日目の受精卵が着床するころには15~20mmくらいになるようです。
さらに血中の女性ホルモン値が100以上
黄体ホルモン値が10以上
プロラクチン(授乳ホルモン)値が15~50
黄体のう胞(排卵後の卵巣状態)が3~5cmであると妊娠の確率が高くなります。

ビタミンEが着床率を上げる

ビタミンEは女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)をつくる材料になり、ホルモンの生成や分泌の調整をする脳下垂体に働きかけて生殖機能を活性化します。

着床率を上げるには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌をたすける葉酸とビタミンEの成分が不可欠なのです。

[ベルタ葉酸サプリ/効果] 卵子の質をあげる効果

卵子は年齢とともに老化していきます。

卵子の元になる原子卵胞は、生まれる前の胎児のときにすべて存在しているので、誕生してから増えることはありません。

個人差はありますが、胎児のときに約500~700万個あった卵子は生まれてくると200万個まで減少して、思春期には20~30万個、閉経する50歳のころにはゼロに近づいていきます。

20歳の人の卵子は20歳
35歳の人の卵子は35歳

ということになり、排卵したときが1歳ではありません。
35歳をすぎると妊娠しにくくなったり、先天性の異常がおきたりするのは、卵子の老化が関係しています。

卵子の老化は卵子の「数」と「質」


画像引用元:ワンモアベイビーラボ

ベルタ葉酸サプリに含まれる亜鉛、鉄分、ビタミンEには、活性酸素を除去して卵子の「サビ」(酸化)をふせぐ効果があり、卵子の老化を抑えてくれる働きがあります。

亜鉛はDNAの核酸の細胞分裂を活性化して、受精卵の成長や、胎児の成長を助けてくれます。

ビタミンEは、強力な抗酸化作用によって細胞の酸化による老化を遅らせるので「若返りのビタミン」と呼ばれています。毛細血管を広げて血流を改善させる効果があり、栄養分を効率よく運ぶことができます。

細胞レベルを若返らせるミトコンドリア

生殖細胞である卵子や精子に多く存在するミトコンドリアですが、アンチエイジングの中心的な役割を果たしています。

ミトコンドリアを活性することにより、細胞全体が活性化され卵巣や精巣の機能を高まって、卵子や精子の質の向上に繋がります。

ミトコンドリアを活性する葉酸・ビタミンACE、マグネシウム、鉄分、カルシウムはベルタ葉酸サプリにたっぷりと含まれています。

ベルタ葉酸サプリには、さらにミトコンドリアの活性を助けるメロングリソディンも配合されました。

メロングリソディンは、南フランスのアヴィニョン地方で栽培されている特別に品種改良したメロンから抽出した抗酸化酵素です。体内の抗酸化能力を高める効果にすぐれ、酸化ストレスから細胞を守り、老化を防ぐ働きをする酵素です。

⇓卵子の老化を予防する葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリ/効果]染色体異常のダウン症を予防

母体の年齢が高くなると、ダウン症の可能性が高くなることが知られています。

ダウン症は21番目の染色体の異常でおこる症状です。

染色体が卵子や精子になるときに23本に分かれるところを、細胞分裂がうまくいかずに24本になってしまうとダウン症になるといわれています。

母体の年齢とダウン症の出生率

母親の年齢 ダウン症になる確率
20 1667人に1人
25 1250人に1人
30 952人に1人
35 378人に1人
40 106人に1人
43 49人に1人
45 30人に1人
47 18人に1人
49 11人に1人

参考資料:File:Down Syndrome Risk by Maternal Age-semilog.svg

ダウン症になる確率をみると、若いときは最も少なく、年齢が高くなるほど出生確立が高まっています。

20歳の時が1667人に1人、35歳が378人に1人、40歳が106人に1人、45歳が30人に1人というデータがあります。

先天性の異常に関連して、葉酸の摂取不足が原因ではないかという説があります。

葉酸は細胞分裂を助ける働きがあり、葉酸が不足すると卵子や精子が成長に影響するといわれていますが、染色体異常のダウン症と葉酸との関係は現在は解明されていません。

⇓高齢出産をサポートする葉酸サプリ♪
ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリ/効果]若年性更年期障害への効果

更年期は閉経がちかい40代後半から50代にかけて、ホットフラッシュや不安、のぼせなどがおきる症状です。

更年期は女性ホルモンの分泌が減少して、ホルモンバランスが大きく変化する時期なので、今までにないようなカラダの反応や症状があらわれます。とくにメンタルが不安定になり、イライラしたり、不安な気持ちになったりします。

これと同じような症状が20~30才代に増加していて、若年性更年期障害プレ更年期といわれています。疲れやストレスによりホルモンバランスが崩れた結果おこります。

ほうっておくと無排卵症や妊娠しにくいカラダになってしまうので、月経時の出血量が少なかったり、生理不順がつづくときは、医師の診断を受けましょう。

ベルタ葉酸サプリに含まれるビタミンEには生殖機能を維持する効果があるので、更年期症状を緩和してくれる作用があります。

⇓ベルタ葉酸は吸収率の高い酵母葉酸100%
ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリ/効果] 妊娠中に必要な成分と効果

☆妊娠中のおなかの写真挿入☆

卵子と精子が出会って、受精卵になり着床が成功するとめでたく妊娠が成立します。

元気で健康な赤ちゃんになるように、成長に合わせて十分な栄養を補給したいですよね。
妊娠中にはお腹の中の赤ちゃんの成長にともなって、必要になる成分が変わってきます。

妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期にかけてお腹の赤ちゃんとママに必要な成分と効果を紹介します。

[ベルタ葉酸サプリ/効果] 妊娠初期に必要な成分と効果

妊娠初期は最後の月経日を妊娠0週0日として1週間目として数えます。
まだ妊娠はしていないけれど、もっとも妊娠しやすい状態です。

2週目にはいると卵子と精子が出会って受精卵をつくり、細胞分裂を繰り返しながら子宮にむかっていきます。

そして、3週目!
子宮に到達した受精卵が子宮内膜に着床すことができると
このときに妊娠が成立

このころからママのカラダに変化が表れてきます。

生理がとまり、下腹が張って、腰が重い・・・
微熱が続いて、カラダがだるい あくびがでる
はやいひとはつわりがはじまったりします。

妊娠初期はお腹の中の赤ちゃんの細胞分裂がとにかく活発になっている時期です。

妊娠初期は、体調不良やつわりで食欲が落ちたりする時期をこえて、4か月目になると安定期に入ってきます。
胎盤がほぼ完成して、流産の可能性がかなり低くなってきます。

細胞分裂を助ける葉酸の効果

ベルタ葉酸サプリに含まれる葉酸は細胞の生産と再生を活性化させる働きがあります。葉酸の細胞機能を正常に保つ働きによって、先天性の異常や障害のリスクを下げる効果が期待できます。

またビタミンB12と一緒にはたらいて赤血球を作るので「造血のビタミン」といわれています。

お腹の中の赤ちゃんへ栄養を運ぶのは血液であり、葉酸はカラダつくりには欠かせない成分です。

厚生労働省は妊娠初期( 1~4か月)の葉酸の摂取量を、18歳以上の女性の葉酸の推奨摂取量が240μgにプラスして
、サプリなどの栄養補助食品で400μgの葉酸をとるようにすすめています。

合計すると1日の葉酸摂取量は640㎍になります。

お腹の中の赤ちゃんの先天性異常の神経管閉鎖障害のリスクを低減するためです。

つわりや吐き気を軽くする効果

つわりは妊娠初期におこる症状で、吐き気を伴って、食欲を減退させます。

つわりは個人差があり、まったく感じない人もいれば、においだけで反応してなにも食べれなくなってしまう人もいます。

つわりは早い人では妊娠の第4週頃から始まり、赤ちゃんの胎盤が完成する14週目以降(4か月目)におさまってきます。ママには1番つらい時期でもありますね。

ベルタ葉酸サプリに含まれるビタミンB6には吐き気を軽減させる効果があります。

ビタミンB6には、胎児期および乳児期の脳の発達をたすけて、免疫力をあげる機能にもはたらきかけます。厚生労働省は18〜49歳の妊婦さんの推奨量は1日に1.4mgの摂取をすすめています。

ビタミンB6を多く含む食品

牛や鶏のレバー、かつおなど赤身の魚、ピスタチオ・ピーナッツなどの木の実類、バナナなどにおおく含まれます。

つわりで食欲がないときは、サプリメントで上手にとることができますよ。
ベルタ葉酸サプリはつわりで食欲がないときに栄養補給ができる成分がしっかりと配合されています。

⇓口コミ人気NO.1の葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる

ベルタ葉酸サプリで産み分けする方法

【子ども・男の子女の子の写真】
はじめは女の子がほしい・・・
つぎは男の子がほしい・・・

という家族設計で産み分けを希望するケースもありますが、男の子と女の子を産み分ける本来の理由は、遺伝性の病気を回避することでした。

血友病や筋萎縮症、色盲などの、性別によって遺伝する病気の回避することが目的で、産み分けの研究はされてきました。。親と同じ病気が、男の子なら発症しない、女の子なら発症しないという伴性劣性遺伝という遺伝の仕方があります。

ベルタ葉酸サプリには、男女の産み分けの効果はありません。

[ベルタ葉酸サプリ/効果] 妊娠中期に必要な成分と効果

妊娠中期の5か月目に入ると、つわりもおさまり安定期に入ってきて、お腹の中の赤ちゃんが急激に人間らしくなってきます。お腹の中でうごく赤ちゃんを感じるのもこの頃です。

赤ちゃんの発育のために今まで以上に栄養が必要になってくるので、へその緒をとおして血液でママの身体から栄養を送り込んでします。

赤ちゃんの血液を作るために、鉄分もいつもの2倍以上必要になるので、ママの身体はいつも栄養が不足している状態なのです。この時期は貧血や妊娠高血圧症候群になりやすいので注意が必要です。

貧血を予防する葉酸の効果

貧血というと鉄分が不足してなる鉄欠乏性貧血と、葉酸とビタミンB12が不足しておこる巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)の2つが、妊婦さんがなりやすい貧血です。

鉄欠乏性貧血はカラダの中の鉄分が不足しておこります。

血液の赤血球に含まれているヘモグロビンはカラダ全体に酸素を運びます。鉄分不足になると、ヘモグロビンの量が減ってしまうので、酸素がいきわたらずに動悸や息切れ、頭痛や口内炎などの症状があらわれます。

巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)は、葉酸やビタミンB12が不足しておこります。

血液は骨髄の中でつくられますが、葉酸とビタミンB12が欠乏すると造血作用がはたらかないので貧血になります。手足がしびれたり、食欲の低下、白髪が増えるなどの症状があらわれます。

妊娠中はおなかの赤ちゃんに大量の葉酸が必要になるので、サプリメントを上手に活用したいですね♪

⇓貧血を予防する葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる

DHA・EPAは脳の発達をたすける効果

DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペインタエン酸)は青魚に多く含まれていて、ヒトのカラダではつくることのできない必須脂肪酸が、血液をサラサラにする・血管の健康維持の効果があります。

また、細胞を活性化する作用があり、卵巣や精巣の働きを高め、卵子の成熟や精子の質を高める効果があります。

妊娠中のおなかの中の赤ちゃんの脳の発達を効果があります。脳の構成成分であるDHAは発育・成長期の子供に
おすすめの成分です。

EPAは成人の循環器系(血液・血管)の健康を保つ効果があることがわかっています。

画像引用元:ニッスイ

厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015年版」でも、妊娠中・授乳中の女性は、通常(1.6g/日)より多くのオメガ3脂肪酸(1.8g/日)を摂取することを呼びかけています。

けれども魚には水銀などの重金属が蓄積していることがあり、赤ちゃんの健康のためには避けたい有害物質が入っている心配があります。

ベルタ葉酸サプリに含まれるDHA・EPAは動物性ではなく、植物由来の藻由来のオメガ3オイルを配合しています。

神経伝達物質の働きを助けて、赤ちゃんの脳の発達を高めてくれるので、妊娠中は積極的に摂りたい栄養素です。

赤ちゃんの健康に安全なサプリメントはこちら♪

[ベルタ葉酸サプリ/効果] 妊娠後期に必要な成分と効果

妊娠後期(8~10か月)にはいると、おなかの中の赤ちゃんの身体は完成に近づいてきます。

体重が2500gを超えると成熟時といわれて、いつ出産してもいい状態になります。

赤ちゃんの体重増加によって、ママの内臓は圧迫されてお通じが出にくくなるので便秘や痔になりやすい時期です。

便秘の改善効果

ベルタ葉酸サプリに配合されたガラクトオリゴ糖は、消化管内でビフィズス菌を増加させ、整腸作用を整える働きがあります。腸内環境が整うことで、便秘や下痢の改善効果があります。

また美容成分の黒酢もろみには、腸のぜん動運動を活発にする働きがあり、腸内の善玉菌を増す作用もあるので、便秘の改善が期待できるのです。

出産準備で血液量がふえる時期

妊娠後期に入ると、出産に向けてママの身体はいつもよりも活発に血液の量が増産される時期になります。

赤ちゃんと一緒に胎盤がはがれて出血が多くなるので、その分を補うためにも大量の血液が必要になるんですね。

出産にむけても葉酸やビタミンB12、カルシウムや鉄分などのミネラルの補給は、サプリメントを上手に活用していきましょう♪

ベルタ葉酸サプリに含まれるカルシウムには、筋肉の収縮や弛緩する作用があります。

カルシウムは骨や歯の形成におなかの赤ちゃんの発育にとって欠かせない栄養素ですが、出産時の規則正しい陣痛ににも、カルシウムの成分が役立ってくれます。

⇓妊娠中に欠かせない葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリ/効果] 産後に必要な成分と効果

おなかの中の赤ちゃんを出産したら、ママの体力も早めに回復したいですね。

ベルタ葉酸サプリにはママの産後の体力回復を助けてくれる成分がたくさん含まれています。とくに子宮を回復させるのは葉酸の効果です。

子宮は赤ちゃんを包みこんで守っていたので、かなり大きく伸びている状態です。出産後、子宮は徐々に小さくなっていき、妊娠前の状態に戻るのには3~4週間かかります。

出産後の1~2日に子宮が元にもどろうとして収縮するときに痛みがでます。これは後陣痛で、子宮が回復する目安になります。

子宮が伸縮するときに、悪露(おろ)がカラダの外に排出されます。悪露は子宮に残っていた胎盤や子宮内膜の分泌物ですが、これがすっきりと外にでることで子宮の回復が早まります。

子宮の回復に必要な成分は葉酸・鉄分・カルシウムが作用します。

⇓産後に必要な葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリ/効果] 授乳中に必要な成分と効果

産後まもなく分泌される母乳を初乳といいます。

初乳はクリーム色にちかくとろっとしていて、赤ちゃんを細菌から守るIgA抗体という免疫成分がたくさん含まれています。

初乳のでる期間は個人差がありますが、産後10日間くらいが一般的です。

母乳は赤ちゃんが乳首を吸うことで、プロラクチンとオキシトシンというホルモンが分泌されて母乳がでてくる仕組みになっています。

プロラクチンは母乳を分泌して赤ちゃんを守る母性を刺激するホルモンです。

オキシトシンは母乳を射出させてママに幸福感を感じさせるホルモンです

この2つのホルモンは母性愛のシアワセホルモンとよばれています。

母乳はホルモンの刺激で分泌されてでてきますが、母乳の材料になるのは葉酸の造血作用からつくられた血液です。そして葉酸には、産後の母乳の出やつまりを良くする効果があります。

また、母乳で育てる場合、1日約210mgのカルシウムが喪失するとされています。

ベルタ葉酸サプリには、1日分(4粒)の中にカルシウムが250mg含まれているので、しっかりカバーすることができます。

ベルタ葉酸サプリのビタミンaの効果

脂溶性ビタミンであるビタミンAは、妊娠中に過剰に摂取すると胎児奇形発生の危険度が高くなることが知られています。

ビタミンAの妊娠中の必要量は600㎍/日で、上限は1500㎍/日です。

産後に必要になるビタミンAの効果は目の機能、皮膚や粘膜の健康を保つために大切な栄養素です。

ベルタ葉酸サプリのビタミンAは、妊娠中の必要量をこえない量を配合されているので、過剰摂取になる心配はないので安心してくださいね。

ビタミンAが不足すると、暗いところで目が見えにくくなる夜盲症になったり、皮膚の粘膜から細菌やウイルスに対する抵抗力が弱くなり、感染症にかかりやすくなります。

産後のうつを予防する効果

葉酸には自律神経を整える働きやホルモンバランスを整える働きもあるので、産後の不安感を軽減する効果があります。

ベルタ葉酸サプリに配合されているビオチン(ビタミンB7)は、不足するとうつや白髪や抜け毛などの症状があらわれます。また、皮膚や粘膜の健康維持する効果とアミノ酸やコラーゲンの生成をサポートしています。

ベルタ葉酸サプリで上手に補っていきたいですね♪

⇓赤ちゃんをにしっかり栄養を送りたい

[ベルタ葉酸サプリ/効果]産後のダイエット効果

ベルタ葉酸サプリに痩せる効果はありません。

けれどもビタミンやミネラルなどがバランスよく配合されているので、血流が良くなって冷え性が解消されたり、カラダの基礎代謝が上がることで、妊娠中にため込んでしまったいらないものを排出することができます。

健康的にむくみがとれてスッキリと体調が整ってきます。

5つの美容成分のひとつである黒酢もろみに含まれる、アミノ酸とクエン酸の成分が脂肪の燃焼を助けるのでダイエットの効果が期待できます。

ガラクトオリゴ糖は、消化器官でビフィズス菌を増加させ、整腸作用えおうながすオリゴ糖です。

乳酸菌にパワーで腸のはたらきを活性化し、消化吸収やぜん動運動も活発にしてくれるため、便秘の改善にもなります。

ベルタ葉酸サプリを上手に活用して、産後のカラダをすっきりと整えたいですね♪

⇓産後のキレイをサポートする葉酸サプリ
ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリ/効果] 夫婦におすすめの成分と効果

【夫婦の写真】

妊娠の計画をしたら、夫婦で一緒に妊活するほうが効果が期待できます。

元気で健康な赤ちゃんをむかえるには、精子や卵子も健康でなくてはいけません。

厚生労働省は妊活する女性に葉酸摂取量の目安を記していますが、18歳以上の男性にも葉酸の摂取目安を記しています。

厚生労働省の推奨する葉酸摂取量

女性 男性
18歳以上-通常 240㎍ 240㎍
妊活-妊娠初期 640㎍
妊娠中 480㎍
産後-授乳期 340㎍

葉酸は男性の妊活にもいい影響を与えることがわかっています。

生殖機能を活性化して、夫婦がお互いの理解と協力があって妊娠は実現できるものです。

ベルタ葉酸サプリは男性の妊活を応援しています♪

⇓夫婦で一緒にのめる葉酸サプリはこちら♪
ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリ/効果]男性の不妊改善の効果

世界保健機関(WHO)では、通常のカップルのうち約15%は不妊症といわれています。

下のグラフにあるように、男性だけの不妊原因は24%、女性だけの不妊原因は41%、男女ともに原因があるのは24%、原因不明が11%と報告しています。この結果は不妊の原因の約5割は男性にあるということなのです。

不妊原因の割合

男性の妊活効果

ベルタ葉酸サプリには精子の質を高める成分が配合されています。

葉酸

葉酸の細胞分裂を活性化する効果で、正常な精子を増やす効果があります。
葉酸の積極的に摂取することで、精子の染色体異常によい影響を及ぼす研究が進んでいます。

鉄分

鉄分には、活性酸素を除去する働きがあります。
体内で発生する活性酸素が精子をサビさせる(酸化)のを防ぎます。
酸化した精子は動きが悪くなり、運動率が下がるので正常な活動ができなくなってしまいます。

カルシウム

元気な精子にはカルシウムが必要です。
精子は長い鞭毛を持っていますが、その働きを活性化するのもカルシウムの役割です。
胎児の骨格を作り細胞を増殖させ、免疫力を高めて発育のおおもととなるのもカルシウムの役割です。

亜鉛

亜鉛は精子や男性ホルモンのテストステロンの生成に必要な栄養素で、精子の量を増やし運動率の向上が期待できます。生殖機能を正常にする効果があります。

亜鉛が不足することで、精子の運動率と精子数がさがり、ED(勃起不全)を引き起こすと言われています。

別名“セックスミネラル”とも呼ばれるほど妊活には欠かすことのできない存在です。

DHA・EPA

DHAやEPAには細胞を活性化する作用があり、卵巣や精巣の働きを高めて、卵子の成熟や精子の活性化を促して質を高めてくれます。

血液をさらさらにする効果もあり血流をスムーズにし卵子や精子に栄養素を届け元気にしてくれます。男性ではDHAの摂取が多いと、無力精子症のリスクが下がるという報告もあります。

ベルタ葉酸サプリには、妊活に欠かせない葉酸・鉄・カルシウム・マグネシウム・亜鉛などの栄養成分がバランスよく配合されているので、上手に利用したいですね♪

⇓男性の妊活におススメのサプリ
ベルタ公式サイトをみる

[ベルタ葉酸サプリ/効果] 体外受精への効果

体外受精とは、体外に女性の卵子をいったん取り出し、パートナーの精子と一緒にして受精させて、できた受精卵をふたたび子宮に戻して着床を促す治療方法です。

体外受精は不妊治療のひとつで、1回の治療費用は個人差がありますが、40~60万円くらいかかります。

ベルタ葉酸サプリには、不妊症の治療はできませんが、卵子や精子の質をあげること、子宮の環境を整えて受精卵を着床しやすくする、血液を通して栄養を送ることはス通の妊娠と同じようにできます。

クロミッドは排卵誘発剤

ビタミンEと排卵誘発剤を併用すると妊娠率が上がるという報告もあり、クロミッドは不妊治療に使用されることもあります。

ビタミンEには強い抗酸化力があり、活性酸素の害から守り、精子数の増加や精力を高める効果があるといわれています。

⇓男性の妊活におススメの葉酸サプリは・・・
ベルタ公式サイトをみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です